シーバス・トラウト釣りにはベイトロッド

ベイトロッド専門メーカーFishman(フィッシュマン)がロッドに求めたのは、ゼロバックラッシュ/飛距離/高精度ピンスポット撃ちベイトロッド専門メーカーFishman(フィッシュマン)がロッドに求めたのは、ゼロバックラッシュ/飛距離/高精度ピンスポット撃ち

BC4(ビーシーフォー)

BC4 5.10LH/MXH/XH

仕舞寸法49cmだから、あの場所にも連れて行こう。

BC4(ビーシーフォー)


基本DNAはブリスト5.10シリーズ。
3本継ぎから4本継ぎなったことで強化するセクションが増え、張りが生まれた。しかし「激しく曲がるが剛竿」の要素は最新の技術によって引き継がれ、しなやかさをキープできている。
新プロダクツ、BC4にはXHという番手が加わった。これはcomodoよりも強くしている。
ビッグベイトやビッグスイッシャーなど粘り腰の胴を使って軽快にピン撃ちキャストや、巻重りのあるディープクランクなどにも最適。ターゲットは、バイトの瞬間にストラクチャーから引き剥がしたい魚、たとえばマングローブジャックや巨大バラマンディ、ピラルク、パプアンバスなど、世界の怪魚に。同BC4シリーズのLH・MXHは、ファイト時に胴が曲がって衝撃を吸収するがXHは極限の状態まで芯が残る仕様。さらに、このレングスでは考えにくいが、飛距離も信じられないほど増大。

トラベラー向けのBCシリーズは仕舞寸法49cmなので、リュックや機内持ち込み可能なスーツケースの中にも入る。

-使い分けの目安-
5.10LH ~5kgまでの魚
5.10MXH ~10kgまでの魚
5.10XH ~10kg以上100kgの魚




BRIST510LH


グリップ部

アルミ削りだしのFishmanオリジナル回転式フォアグリップに。トリガー下にはEVAを4cm装備。これは滑り止めの効果があります。飛距離も売りの5.10シリーズなので、エンドグリップは握りやすく太めの設計。握力を落とさずに1日投げきれるBeamsからのDNAはトリガー下部のシェイプにも移植。

ジョイント部

ジョイントセクションはオスメス側ともに6cmづつ粘り強い補強材を実装。バット部とティップ部でカラーが違います。バット部は深いワインレッドでティップ部はアンサンドフィニッシュ。ティップ部に塗装しないことでわずかではあるが先重り感を避けた。
BC4 5.10XHはメーカー在庫欠品中。全国釣具店・オンラインショップ様にて販売中です。
次回生産は、11月~1月頃を予定しております。

Spec

  3機種共通
全長 181cm(5ft10inc)
マテリアル 4軸カーボン
ガイド Kガイドチタン+ステン
継数 4ピース
仕舞寸法 49cm

  BC4 5.10LH
自重 136g
ルアーウェイト 7~40g
ライン PE1~5号
JANコード 4571487900153
販売価格 ¥47,800(+税)

  BC4 5.10MXH
自重 143g
ルアーウェイト 7~55g
ライン PE1~8号
JANコード 4571487900160
販売価格 ¥48,800(+税)

  BC4 5.10XH
自重 167g
ルアーウェイト 10~200g
ライン PE3~10号
JANコード 4571487900177
販売価格 ¥49,800(+税)

1.本体価格には消費税は含まれておりません。
2.製品のガイドなどのパーツ類は、製造元の廃盤などの事情により予告なく変更する場合があります。

スタッフ推奨リール

  BC4 5.10LH
シマノ アンタレスDCMD、エクスセンスDC、メタニウムDC、メタニウムMGL、カルカッタコンクエスト100、201、300
ダイワ  スティーズSVTW、モアザンPETW、ジリオンTW・タトゥーラHDカスタム、リョウガ
アブガルシア レボBLACK10、レボROCKET、ビッグシューターコンパクト
  BC4 5.10MHX
シマノ アンタレスDCMD、エクスセンスDC、メタニウムDC、メタニウムMGL、カルカッタコンクエスト100・200、オシアコンクエストリミテッド301HG
ダイワ  スティーズSVTW、モアザンPETW、ジリオンTW・タトゥーラHDカスタム、リョウガ、RYOGA1016H
アブガルシア レボBLACK10、レボROCKET、ビッグシューターコンパクト
  BC4 5.10XH
シマノ アンタレスDCMD、エクスセンスDC、メタニウムDC、メタニウムMGL、カルカッタコンクエスト100・200・300
ダイワ  スティーズSVTW、モアザンPETW、ジリオンTW・タトゥーラHDカスタム、リョウガ、RYOGA1016H
アブガルシア レボBLACK10、レボROCKET、ビッグシューターコンパクト
ジョイントのゆるみにご注意を
ジョイント部がゆがんでいないかの確認
フェルールワックスの使用
パックロッドの特性上、キャストを重ねるとジョイントがゆるんでしまうことがございます。 各ジョイントがしっかり接続されていないとジョイント部分の破損や、ロッドが折れてしまう原因に繋がります。 フェルールワックスを塗ると、キャスト時の抜け落ちを防ぐと共に水分侵入後に発生する固着を防ぎジョイント部を保護する事が出来ます。 必ず数回キャストした後、ジョイントが緩んでいないかの確認とフェルールワックスの使用をお勧め致します。