シーバス・トラウト釣りにはベイトロッド

ベイトロッド専門メーカーFishman(フィッシュマン)がロッドに求めたのは、ゼロバックラッシュ/飛距離/高精度ピンスポット撃ちベイトロッド専門メーカーFishman(フィッシュマン)がロッドに求めたのは、ゼロバックラッシュ/飛距離/高精度ピンスポット撃ち

Beams CRAWLA 9.2L+(ビームス クローラ)

Beams CRAWLA 9.2L+(ビームス クローラ)

ミノーの飛距離が進化。長尺ベイトロッドのスタンダード。
8~14cmミノーが今まで以上に投げやすくなる。ベンダバール譲りで風にも強い。

L+(エルプラス)シリーズの最長レングス9.2ft。
大河や湖、サーフ、干潟などで軽めのルアーを遠くにアプローチすることに長けたブランクス。
6.6ft同様、テイクバック時には激しく曲がるが収束は早いので遠くのピンを狙う釣りにも向いている。 そしてよく曲がる長尺ロッドでありながら、根元から7割弱の位置で魚を止めるために芯を入れた。その芯はテイクバック時に強い負荷を掛ければ曲げることも可能で、強いセクションを曲げれるということは、強い押し出しができることにもなるので、さらに遠くに飛ぶというメカニズムだ。
ベンダバールを少しライトにした待望のブランクス。




Beams CRAWLA 9.2L+(ビームス クローラ)


グリップまわり

感度の良いメタルフォアグリップ。握力を落とさずに1日投げきれることを優先に径が細いリールシート。

ブランクカラー・ガイド

バット部とティップ部でカラーが違う。バット部は深いワインレッドでティップ部はアンサンドフィニッシュ。
ティップ部に塗装しないことでわずかではあるが先重り感を避けた。ガイドはKガイドでチタンとステンを併用。

しなかかつ高感度、張りのある、鞭

強烈な張りがあるのに、トップガイド下から曲がる。この曲がりと適度な反発力でバイトを絡めとることができる。

シーバス釣りにドンピシャ

CRAWLAシリーズは共通して”しなやかに曲がるのにハリがある”という、相反する性能を共存させているロッド。 この性能により、受ける恩恵が3つ。
①幅広いウェイトのルアーを扱うことが出来る。
②しなやかなCRAWLAのティップは、ルアーに受ける水の抵抗感をしっかりとキャッチしてアングラーに伝えてくれる。
③魚とのやり取りの際に過剰な負荷を掛けることがなく、ラインに傷がつきにくいと言う特性。
頭の中で思い描く理想のアプローチ。これが実現出来るようになるとこの通り、90cmを優に超えるモンスターシーバスにも口を使わせることができる。
Tester高木響

小型細身のトップウォータールアーで、気持ち良くカッ飛ぶ

涸沼水系で特に強いのだがただ巻きで引き波を立てて泳ぐ引き波系のトップウォータールアー。魚が水面を意識しているときは引き波系ルアー。魚がボトムを意識しているときはバイブレーションとルアーを使い分けて釣りを展開し良いサイズの涸沼シーバスたちに出会うことができた。
Tester鈴木貴文
メーカー在庫欠品中。全国釣具店・オンラインショップ様にて販売中です。
次回生産は、9月下旬~11月頃を予定しております。

Spec


全長 279cm(9.2ft)
マテリアル 4軸カーボン
ガイド Kガイドチタン+ステン
自重 236g
継数 3ピース
仕舞寸法 104cm
グリップ長 52.5cm
ルアーウェイト 8~40g
ライン PE1~3号
JANコード 4571487900207
販売価格 ¥54,800(+税)

1.本体価格には消費税は含まれておりません。
2.製品のガイドなどのパーツ類は、製造元の廃盤などの事情により予告なく変更する場合があります。
3.グリップ長とはアルミフォアナットからグリップエンドまでの長さとなります。

スタッフ推奨リール


  フィネス用 遠投・太糸用
シマノ アルデバランBFS、カルカッタコンクエストDC、スコーピオンBFS アンタレスDCMD、エクスセンスDC、メタニウムDC、メタニウムMGL、カルカッタコンクエスト100・200
ダイワ  スティーズCTSVTW、ミリオネアCTSV、アルファスエア、SSエア スティーズSVTW、スティーズatw、モアザンPETW、ジリオンTW・タトゥーラHDカスタム、RYOGA1016H
アブガルシア レボALC-BF7、レボALC-IB レボBLACK10、レボROCKET、ビッグシューターコンパクト
ジョイントのゆるみにご注意を
ジョイント部がゆがんでいないかの確認
フェルールワックスの使用
パックロッドの特性上、キャストを重ねるとジョイントがゆるんでしまうことがございます。 各ジョイントがしっかり接続されていないとジョイント部分の破損や、ロッドが折れてしまう原因に繋がります。 フェルールワックスを塗ると、キャスト時の抜け落ちを防ぐと共に水分侵入後に発生する固着を防ぎジョイント部を保護する事が出来ます。 必ず数回キャストした後、ジョイントが緩んでいないかの確認とフェルールワックスの使用をお勧め致します。